10月22日 菊花賞

 こんにちわ、社長の塚越善人です。
武豊は凄かった。でも馬券は外れた。
20日に京都競馬場で行われた菊花賞で
ワールドプレミア号が優勝しました。鞍上は武豊騎手です。
スローな流れの中、前半は馬群の内側の好位にじっとしていて
直線抜け出してきました。実はこの馬から馬券を買っていたので
注目して観ていたのですが、最終コーナーを回ったところで勝利を確信しました。
これで昭和・平成・令和とGTを勝ったジョッキーになりました。凄いですね。
彼が最初に勝った菊花賞は、スーパークリークという名前の馬ですが
当時サラリーマンだった私は、この馬の馬券を買っていて取らせてもらいました。
30年ほど前の話です。これだけ長い間、トップの位置を守って活躍していることに
驚きと尊敬の念が堪えません。アンチ武豊だった私は、武豊の乗る馬では
あまり取らせてもらえず、買わなかった場合は悔しい思いばかりが残っています。
しかし、競馬の世界をこれだけ幅広く世間に広めてくれた功績は讃えなくてはいけないと思います。
これからも頑張って欲しいです。肝心の馬券は2着のサトノルークスを
買っていなかったので外れです。福永騎手とも相性悪いんだよなぁ。
ではまた。

豊島会の場所はココ!

より大きな地図で 豊島会 を表示

トップページに戻る